Invata limba turca
Timpul pentru Invata limba turca
Bookmark this site! Bookmark mobila de lux

 



Content on this page requires a newer version of Adobe Flash Player.

Get Adobe Flash player


システムや教師について

トルコ人の教師はセイハンでございます。セイハン先生は1993年から1997年までアンカラ大学で日本語を

 

習 いました。それから97年から2000年まで日本語のガイドとして働きました。2000年から2011年までアンカラ大学イズミール・トメルでトルコ語と 日本語の教師と働きました。その時、一週間に20時間トルコ語で、12時間日本語を教えました。セイハン先生はドイツで生まれましたから、ドイツ語と英語 も話すことができます。

 

セイハン先生は経験が多くて、アンカラ大学トメルを2011年の4月に辞めて自分の会社を作るため、ルーマニアに引越しすることにしました。

 

セ イハン先生は日本語ができても、トルコ語を教えるとき、トルコ語しか使わないほうがいいと思います。それはトメルのシステムで、一番いいことだと思う先生 です。しかし学習者は分からないことがあったら日本語でも説明ができます。学習者はトルコ語を使えば使うほど使えるようになります。目的は学習者が使うよ うにすることです。大体外国のトルコ語コースでは何でも母語で説明することで、学生たちはよく分かるようになっても、使いませんから、忘れてしまいます。 いつも母語で話したら、学習者はトルコ語で考えるようになれません。それで絶対にできるほどトルコ語を使うのは一番いい習い方だと言うのは分かって来まし た。トルコ語の学習者に分かりやすい文型で教えたら、だんだん難しい難しい文型や文法に行くことができます。

 

それとも、トルコ語の文法は日本語にとても似ています方、日本人にとって習いやすい言葉です。文章の作り方も95パーセント同じですから、英語を習っているときのように困ることはありません。

 

トルコ語は文法ルール決まってあるから、分かりやすいです。しかし正しく使えるようになるため、学習者をよく話させたり、聞かせたり、しなければなりません。

 

難 しい言葉はありません。経験がたくさんある先生なら、どんな言葉でも、習うことができます。夏休みにトルコへ行って、トメルで習うことができます。それが できるように協力もしています。トメルへ行く前にトルコ語ができるほど習ったほうがいいです。そうすると、上のレベルから始まったり、習ったことを練習し たり、することができます。トメルのシステムでONLINEトルコ語を教えていますから、トメルやトルコ語に慣れて来ます。





Informatii Utile

Contact Rapid
E-mail: office@invatalimbaturca.ro